BLOG

訪問介護の仕事って何をするの?

2018/11/14

株式会社エスポワールでは東京都江東区、東京都墨田区で訪問介護【やわら介護】、居宅介護支援【やわら介護】、通所介護【デイサービスぽかぽか】、訪問入浴【訪問入浴ぽかぽか】、地域サロン【ボランティアハウスぽかぽか】などを運営しております。

今回はその中の訪問介護【やわら介護】の仕事についてです。

 

日々の生活サイクルの中で考えていきます。
 

朝起きる。

布団から立ち上がる。

歩く、トイレに行く、ズボン下げる、用を足す、お尻ふく・・・人それぞれ・・・。

歩く、顔洗いに行く。タオル用意する。歯ブラシに歯磨き粉をつける。歯を磨く。

髪の毛を整える。

お湯沸かす。ごはんの用意する。焼いたり切ったり剥いたり煮たり。

テーブルに運ぶ。食べる飲む噛む。片づける。

着替える。脱いだり着たり穿いたり履いたりする。

仕事行く準備する。

靴履く。鍵閉める。

 

超ざっくりですが朝の動きです。

普段の生活では全く意識してないでこのような行動をしてると思います。

ただ、何らかの事情により、このような行動の一部分でもできなくなってしまうことがあります。

そのできなくなった部分を以前のように、意識せずにできるように手助けをし、支援するのが介護の仕事です。

人はみな手助けを受けて生活しています。

歯ブラシや洋服、食べ物も自分では到底作れません。メーカーや小売業があるから買えるんです。

住んでいる家も不動産屋さんの手助けの元住んでいます。引っ越しするときも、業者を手配したり、車借りたり。周りのありとあらゆるサービスを利用しています。

介護とはその根本の生活していくうえでは欠かせない部分の手助けになります。

起き上がる、歩く、着替える、食べる、飲む、買うなどなど。

自分でできることは自分ですると教わったので、なかなか踏み入ることが難しい部分です。

このようなことを意識せずにまた自分できるようになることを手助けし、支援をしていくことが介護の仕事です。

僕らの仕事は出来れば必要としないに越したことはありませんが、現実はそうもいきません。

まだまだ理解されていない部分が多くあるので、ゆっくりと認知されていけばと思います。