BLOG

施設介護サービスについて・・入居者、家族目線

2018/11/19

今回は施設サービスについてお話します。

施設サービスのいい所はなんといっても24時間365日安心の生活が保障されているという点です。

24時間ヘルパー常駐してますので、何かあれば迅速に対応します。最近は24時間看護師常駐のところもありますので、なお安心です。

施設によって違いますが、ご入居者1人に対して、ヘルパー何人と決められているのですが、法律ギリギリの人員基準のところもあれば、ヘルパー数にゆとりを持って対応しているところもあります。

食事ももちろん付きますし、お風呂も入れます。ただ、お風呂に関しては回数など施設により様々なのでお調べ下さい。

運営母体が病院で、いつでも関連病院で診察や、緊急対応しますよって歌ってる所もありますし。

私の知っているところですが、実際はいろいろとしがらみがあり、連携も上手くいってないようでしたが。

医療と福祉の考えが違うこともそこでは原因だと思いました。

本来であれば、近くの緊急時対応病院と、どの程度密接に関わっているか、どんな時でも受け入れてもらえるか、往診はどうなっているか、夜間の体制はどうか?など、病院との関わりは非常に重要だと思います。


一例はあげましたが、

様々な特徴をもった施設が多数ありますので、良いところはご自分でしっかりとお調べください。

悪い所ですが、

まずは自由に外に出られなくなるということ。何をやるにも施設の許可が必要です。

それと、お風呂や食事などは時間で決められているということ。集団生活では当たり前でしょうか。

一概にいえませんが、ヘルパーが慢性的に足りていないところがあり、用事があり呼んでもなかなか対応をしてくれないなんて所もあります。


入居者「すいませ~ん」

って呼んでも

ヘルパー「○○さんちょっとお待ち下さい、今行きますので」

って、感じ。

入「トイレに行きたいんだけど連れてって~」

へ「順番で行きますので待ってて下さい」

みたいな。


もちろんいろいろな施設がありますので是非質問をしてみて下さい。

もしくは食事時間や夜寝る仕度の時間に見学に行くのもいいかもしれません。


ただ言える事は、ヘルパーさんは精一杯仕事をしているということ。

みんな全力出してます!!

やはり、入居金や月の支払のお金などいろいろとありますので、その辺はじっくり考えて見学するのをオススメします。

まだまだありますが・・・

なんか書き足りないですが・・・

またなにかありましたら追記します。